パートの主婦は消費者金融が利用できる!収入額が審査のポイント

主婦でもパートをしていれば、消費者金融を利用できます。消費者金融を利用するには定期収入があるというのが利用の条件です。そこで主婦の場合、パートやアルバイトをして働く必要があるのです。

 

主婦におすすめなキャッシング!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

消費者金融のほうが審査に通過しやすい

キャッシングの利用を検討する時、選択肢となるのが消費者金融と銀行カードローンです。銀行カードローンは、収入のない専業主婦でも利用できるのがメリットですが、消費者金融よりも審査が厳しめとなっています。そこでパートをしている主婦が利用するのにお勧めなのが、消費者金融なのです。

 

もちろん多額な金額を長期間に渡り借りる必要がある場合には、金利の低い銀行カードローンを利用したほうが経済的です。しかし主婦がキャッシングを利用するのは、少額を短期間で借りる場合がほとんどです。そのように少額の融資を短期間だけ利用するというスタイルであるなら、お手軽な消費者金融のほうが向いているのです。

 

短期間の少額融資なら金利差はほとんどない

キャッシングを利用する際、最も気になるのが金利についてです。銀行カードローンは消費者金融に比べて金利は確かに低めに設定されていることが多いのですが、キャッシングの金額が少額で、短期間に留まるのであれば、その金利差はほとんど発生しないのです。

 

たとえば10万円の融資を受けた場合、銀行カードローンと消費者金融の一般的な金利差はたかだか300円ほどです。300円ほどの違いしかないのであれば、申し込みから融資までのスピードが早く、審査基準が緩めの消費者金融を選択すべきです。提携ATMも多く存在し利便性の高いサービスを展開している消費者金融なら、利用に際して不満を抱くことも抑えられるため、消費者金融を利用したほうが何かと便利なのです。

 

利用に際するストレスも考慮すべき

キャッシングを利用するには審査に通過する必要があります。ここで仮に審査に落とされてしまうと融資が受けられず、旅行やレジャーに行けなくなったり、友人に贈り物を送れなかったりと、その後の生活に大きな影響が出てくる可能性があります。そして生活に影響が生じると、大きなストレスを抱えかねないのです。

 

ここで審査基準が緩めの消費者金融を利用すれば、審査を通過できる可能性が高くなっているため、審査に関わる無駄なストレスを省けます。審査結果までの時間を無駄にすることもなく、今後の予定が狂うこともないため、安心してキャッシングが利用できるのです。キャッシングの利用に際しては、審査に関わるストレスも考慮すべきです。審査に落とされる可能性が少ない消費者金融であれば、無駄なストレスを感じることなく安心してキャッシングの利用が可能となるのです。

 

パート収入があれば必ずキャッシングが利用できるわけではない

消費者金融を利用するにはパートやアルバイトなどの定期収入が必要となります。しかし収入さえあれば確実にキャッシングを利用できるというわけではありません。

 

審査においては収入以外にも様々な項目が検討されます。勤続年数や他社からの借入状況、さらに信用情報などの項目が審査に影響を与えます。特に信用情報が大きな影響を与えるため、キャッシングの利用においては信用情報を傷つけないような注意が必要となります。

 

個人の信用情報が重要

キャッシングの審査では個人の信用情報が重要となります。信用情報は金融機関の利用者の履歴を収集したもので、信用情報登録期間がストックしているものです。自己破産や個人再生、任意整理などの金融事故の記録は信用情報に反映され、5年から10年の間は記録が維持されています。そこでこれら金融事故を5年から10年以内に発生させた場合には、信用情報が傷ついていることを理由に審査で落とされるために注意が必要です。

 

また信用情報はクレジットカードなどの利用に伴う記録もストックしています。代位弁済やカードローンの強制退会、クレジットカードの強制解約、各種ローンや分割払いの重度の遅延や延滞などを発生させていると、信用情報が傷つき、審査で落とされてしまいます。そこでキャッシングを利用する際のことを考え、クレジットカードの支払いなどについてもなるべく延滞は起こさないように注意する必要があります。

 

パート収入が少ないと審査が厳しくなる

パートに限らずキャッシングに申し込む際、収入が高ければ高いほど審査に有利に働きます。特にパートの場合、月額収入が低い傾向になるため、収入はよりシビアに見られることになります。定期収入があるといっても、月額2万円や3万円の収入である場合には低収入であることを理由に融資が断られる可能性があるのです。

 

パートをしている主婦に対する融資が認められる基準は、月額5万円程度がひとつの目安になると言えます。これは確実に融資が受けられるという基準ではありませんが、10万円の融資枠であれば、この程度の月収で融資が認められる可能性が高くなっているのです。

 

月収が5万円ある場合、年収は60万円となります。融資金額を年収の1/3に限定する総量規制にこの年収60万円を照らし合わせると、20万円までの融資は可能ということになります。そこで総量規制にも抵触せず、総量規制の半額であれば確実な返済も見込めるため、月収が5万円程度あれば10万円の融資枠が認められる可能性が高くなっているのです。

収入がない専業主婦のキャッシングは難しい?

主婦の人でもパートなどで自分に収入があってそれを元にキャッシングを行う場合、申し込み時にはアルバイトやフリーターの人と同様に審査されます。ですがパートでは収入面も少ないことが多く、また勤続期間という面からも審査では厳しくなることがあり、収入があるというだけで希望通りのキャッシングが行えることは少ないといえます。

 

主婦の場合、収入が全くない専業主婦でもキャッシングを行うことができます。多少の収入がある場合でも上のようにその収入だけを頼りに希望通りのキャッシングを行うのは難しいといえます。実質的には収入がない場合と同様に考えてキャッシングを利用することが多いと考えてください。この収入がない主婦の場合のキャッシングの利用について見ていきたいと思います。

 

専業主婦でもキャッシングが利用できます

自分に収入がない専業主婦の場合、消費者金融からの借り入れを行うことは原則的にできません。そのため、銀行のカードローンを利用することになります。この銀行のカードローンの利用には、夫に収入があることが条件になります。その収入を元に配偶者貸付という制度を利用して借り入れを行うことになります。

 

契約の際には自分の身分証明書の他に、配偶者である夫の同意書が必要になります。また、夫との婚姻関係を証明できる公的な書類として、住民票などの提出も必要です。ですがこの夫の同意書が必要になるということは、必然的にカードローンの利用が夫にバレてしまうことになります。また同意をしてくれるかどうかも分かりません。夫には内緒でキャッシングを行いたい場合、この同意書が必要ない銀行を利用しましょう。

 

夫の同意書が必要にならない銀行

夫の同意書が必要にならない主だった銀行は6行あります。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、東京スター銀行、横浜銀行、イオン銀行、そして楽天銀行です。これらの銀行では専業主婦への貸し出しに、夫の同意を必要としません。

 

そしてこの中で夫との婚姻関係を証明できる住民票などの書類も必要がない銀行が、横浜銀行と楽天銀行です。この2行では専業主婦でも自分の身分証明書だけで借り入れを行うことができます。ただし、横浜銀行を利用するには東京都か神奈川県、もしくは群馬県の一部の都市に居住している必要があります。

 

夫に連絡することはありません

この配偶者貸付制度を利用して専業主婦がカードローンの契約を行った場合でも、夫にその契約をしたことを連絡するようなことはありません。申し込み時に夫の勤務先やその連絡先を記入しますが、審査でその連絡先に電話をするようなことはなく、また自宅にもそのような電話は掛かってきません。

 

きちんと返済を行っていれば、自分以外の人にカードローンの利用を知られる心配はありません。ですがもし遅延をしてしまったような場合は自宅にその連絡が掛かってくることがあります。その場合でも自分以外の人に支払いを求めるようなことはありませんが、契約をした本人がきちんと責任をもって返済を行う必要があります。

 

借り入れを行える収入がある主婦の場合

パートなどでそれなりに収入がある場合、その収入を元にキャッシングが利用できます。この場合は銀行より消費者金融の方が審査に通りやすいです。キャッシングの審査の通過率は、消費者金融が4割程度だというデータがありますが、銀行ではその半分です。

 

まず審査を通過しなければキャッシングは利用できないので、この点から消費者金融の方が利用しやすいといえます。この場合の審査はアルバイトやフリーターの人と同様に行われます。借り入れを行える額は収入によって変わり、現在の職場への在籍期間が短い場合はそれが原因で審査を通過できないことがあるのも同様です。

 

在籍確認の電話を回避する方法

審査の中でパートなどをしている職場へ電話を掛けて在籍を確認する作業がありますが、これを回避することができます。プロミスかモビットを利用する場合に限りますが、この2社では職場への在籍確認の電話の代わりに、給与明細票と職場から支給されている社会保険証を提出することで、それをもって在籍の証明にすることができます。

 

プロミスでは事前にその方法で在籍証明にしたいと伝えておく必要があり、モビットでは三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に口座を持っていることが条件になります。ですがこの方法は主婦の場合は難しいかも知れません。扶養控除内で働いている場合が多いと思うので、社会保険証を持っている人は少ないでしょう。この2点が用意できない場合、審査時の職場への電話は避けられません。それが困る場合、消費者金融を利用せずに専業主婦と同様に、銀行のカードローンを利用した方がいいかも知れません。

人気のカードローンBEST5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴