ただ待っているだけでは時効にならない

借金に時効があるなんて、にわかには信じがたい事かもしれませんが実際には本当に時効は存在しています。時効といえばもっぱら犯罪に使われている言葉ですし、そもそも時間が経過しただけで時効となり犯罪や借金そのものがなくなってしまうという事がなかなか理解しがたいかもしれません。

 

借金の時効に関しては期間が一律ではなくて、個人間の借金であれば10年、貸金業者からの借金であれば5年など、その種類によっても時効の成立時期は異なります。だからといって借金をしたらあとは逃げ回って踏み倒してしまえば大丈夫なのかといえば、そんなに簡単な話ではないでしょう。

 

残念な事に、借金を抱えたままいなくなってしまい、そのまま身をひそめて逃げる生活を送る人もいるかもしれません。それ自体は決していい事ではありませんが、もしも長い年月そのような日陰の生活を送っているのであれば、もしかしたら時効を成立させて新たにやり直す事ができるチャンスはあるかもしれません。

 

時効はただ待っているだけでは成立しない

ではキャッシングの返済をせずに5年間経過したのでもう時効だから安心かというとそうではありません。時効をきちんと成立させるには、ずっと音信不通だったキャッシング会社側とのやりとりが必要になります。これを時効の援用と言います。

 

簡単に言えば、「時効となる年数が経過しましたから、もうそちらから借りた借金の返済義務がなくなりましたのでよろしくお願いします」といった類の事を宣言しなければなりません。これも電話一本で連絡すればいいわけではなくて、きちんとした書類と、内容証明郵便等を利用した公式のものにしなければならないのです。

 

キャッシング会社側もある意味ではそのような事に慣れており、お金を貸してその利息で儲けている商売ですから、みんながそれをやってしまったら会社が倒産してしまいます。そのため、ただ黙って時効の成立を待つしかないのではなく防衛策もあるのです。

 

返済が滞ればキャッシング会社側も当然督促をします。最初は電話などで軽く督促を行う程度ですが、その際に今は返せないけど、お金ができたら返しますなどというように返事をしていればそれは借金の存在を認めて返済の意思を表明した事になりますから、時効の中断という事になります。また、裁判所からの督促状が届けば、無視すれば強制執行となりるだけでなく、これもまた時効の中断になるのです。

 

時効の中断となると、仮に時効まであと5日だったとしてもそれまでの期間が全てリセットされる事になります。次に時効が成立するのはさらに5年後というわけです。ですから、キャッシング会社はそのような時効の中断方法もよく熟知していますので、現実問題として借金の時効に至る事はまずないと言ってもいいでしょう。

 

時効の援用はどうすればいいのか

キャッシングの返済の最終日から返済や連絡のやりとりをしないまま5年が経過している場合、時効の援用ができる可能性があります。その場合には、自分でキャッシング会社に連絡をするのではなく、弁護士や司法書士に相談してみましょう。時効の援用に至るまでにはいくつかのステップを踏む必要があり、専門知識がない人が行うのは至難の業でしょう。

 

専門家にお願いをすれば、これまでに時効の中断が行われていないかどうかを確認してもらう事もできます。時効の援用をしたくて本人が電話などをしてしまうと、話がなかなかうまく進まない可能性もあります。ましてそこで借金の存在を認めて返済の意思を口にすれば、時効はまたリセットされてしまう事にもなります。

 

もちろん返済できる状況なのであれば、借りた事実はあるわけですから返済するのが一番です。そして現実的には、普通の生活をしながら時効を待つ事はまず不可能でしょうから、実際には借金の時効に至る事はないと考えた方がいいでしょう。

人気のカードローンBEST5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日