審査に落ちてしまう原因

ブラックリストに載るようなことをしていないのに、全く審査に通らない、と言う方は結構いることでしょう。しかし、その原因をしっかりと見定めて、解消するようにしなければ未来永劫キャッシングは利用できないでしょう。ですので、今回は審査落ちの原因となることをご紹介します。当てはまるものがあれば要チェックです。

 

収入が低いこと

まず、第一に考えられることが収入が低い事です。なぜならば、収入が低い人がキャッシングに頼るからです。ですが、キャッシング会社からすれば、収入が低い=貸し倒れのリスク大、ということになりますので、おいそれとお金を貸せなくなるのです。

 

収入が低いから借りる、審査に落ちる、また新しいところに……、という具合にループする恐れもあります。これをキャッシングのジレンマ、とも言われていますが、根本的な解決策としては収入を上げるしかないでしょう。

 

収入が低くてもお金を借りるには

しかし、簡単に収入が上がったらキャッシングなんて利用しません。収入が低くとも、キャッシングを利用できるようになるテクニックというものはきちんと存在します。それは、融資金額を下げることです。例えば年収200万円の方が、60万円の総量規制ギリギリの融資を受けようとした場合、こちらではどうしても審査には通過しません。

 

月収から考えても、60万円をしっかりと返済できるかどうかは微妙なラインです。しかし、これを20万円としましょう。そうすると年間にしても月2万円から3万円程度用意しておけば返済はまず可能なラインです。このような考え方は実際にキャッシング業界の方も行っていることです。高額の融資を受けたい、という気持ちも分かりますが、まずはそれをぐっとこらえて、小さな金額から融資してもらう、というのが年収が低くとも審査に通るためのテクニックと言えるでしょう。

 

複数の業者から借り入れしている場合

このような方は多重債務者、と言われており、キャッシング会社からすれば要注意人物とされています。多重債務者は複数の金融機関から、それぞれ少額の融資を受けていることがほとんどですが、少額の融資はキャッシング業界からすると、あまり信用できない人の証なのです。逆に言えば、一つのキャッシング会社から多額の融資を受けている人は、それだけ信用されている相手、ということになります。

 

複数よりも一つの企業から借りる

ですので、多重債務者は信用できない証拠をわざわざ自分から提示しているようなものなので、審査に落ちることはまず確実です。ですので、そのような方の場合はおまとめローンなどを利用することで、借金を一本化してしまった方がいいでしょう。そちらの方が金利も安くなることがありますし、何より返済もし易いです。それに、新たな申込みも多少は審査に通過しやすくなりますので、対策の一つとして紹介しました。

 

返済履歴に傷がついている人

返済履歴というのは、個人信用情報のことです。これにはどこからどれだけの融資限度額でお金を借りているか、などが記載されているのですが、それに加えて、遅延や延滞の履歴もしっかりと残っています。さらに、住宅ローンやクレジットカードの情報まで、ありとあらゆる「借りたお金を返済する」情報が残っているのです。

 

よっぽど大きなものはブラックリストに載るような自己破産や債務整理などになりますが、小さい事故情報であっても、それが積み重なれば、信用情報としては大きな傷となってしまいます。ですので、幾度も遅延を繰り返していたり、延滞期間が長かったりしていると、例え返済を完全にしていたとしても、それ以降の審査がかなり難しくなってしまうのです。このように、返済履歴が悪い人でも審査にはかなり不利になってしまうのです。

 

返済履歴が良ければ有利になる

先ほどと逆のことで、当然のことと言えば当然なのですが、個人信用情報にはいい情報も記載されていきます。例えばクレジットカードを利用して、延滞遅延なしに返済した、という情報があればそれだけ有利になります。中には審査に有利になるようにクレジットカードをわざわざ作って努力をしている人もいます。それほどまでに、返済履歴は重要な事なのです。

 

キャッシングを利用したことが無い、というのは時と場合によっては不利

これまでに上げたことの殆どが、すでにキャッシングを利用したことのある方に該当する項目です。もうすでに利用していて、良くない印象を与えるようなことをすれば、審査に通過しにくくなるのは当然です。ですが、まだ利用したことが無い、という方であっても不利になることはあります。例えば初回の限度額はかなりの最低の融資限度額の10万円となっていることがほとんどです。というのも、まだお互いに信用が出来上がっていないからなのです。

 

もしもしそこに、これまでのクレジットカードの履歴で、いい印象を与えるものがあれば、限度額が上がることはあります。が、逆の場合には下がることもあります。それほどまでに、信用情報というものは非常に大切なのです。逆に言えば、始めは少額融資ですが、これからたくさん利用し、お互いの信頼関係を築きあげれば融資限度額はあがりますから、いきなりたくさん借りる、というのはあきらめて、これからじっくりとお金を借りていく、という風に考え方をシフトした方がいいかもしれません。

人気のカードローンBEST5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日