キャッシングの利用に際しては、利用による経済メリットを考慮すべき

生活していくには日々の生活費が必要です。その中でも問題となるのが光熱費です。特に夏や冬になると冷暖房のために光熱費が嵩んでしまいます。一人暮らしのフリーターにとってこの光熱費ほど厄介な存在はありません。

 

月に2、3万円不足したために、電気やガズが止められてしまっては、日常生活の維持が困難になってしまいます。そのような時には一時的にキャッシングで急場をしのぐという手があります。日常生活が崩壊するくらいなら、少額の金利を支払ったほうがよっぽど経済的なのです。

 

フリーター・アルバイトでも利用できるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

電気やガスを止められるくらいなら、キャッシングをするほうが安全

一般に世間の人々はキャッシングに対して悪いイメージを持っています。悪徳業者のイメージが強く、取り立てが怖いもの、利息が法外に高いものという誤った認識を持っているのです。しかし現在のキャッシングは安全で安心して取引できるものです。

 

利用者の自宅を訪ねて取り立てることはありません。利用者の自宅に夜間、電話をかけることも禁じられています。さらに利息についてもかなり低い水準に押されられています。たとえば2万円を1ヶ月借りた場合の利息は、わずか300円程度なのです。

 

キャッシングにおいては、利用によって得られる経済メリットを考慮すべき

光熱費が支払われず、電気やガスが止められると、日常生活が破綻してしまいます。家でゆっくり休むこともできなくなり、その結果、仕事にも影響を及ぼします。ここで300円といえばおにぎりと飲料を買える程度の金額です。このような少額の利息を払うのを毛嫌いすることで、光熱費を支払わず、電気やガスが止められてしまっては本末転倒です。

 

キャッシングを利用するかの判断においては、利用によって得られる経済的なメリットを考慮すべきです。300円程度の利息の支払いで、従来通り快適な生活が維持できるのであれば、そのコストは微々たるものです。光熱費が支払えないのであれば、躊躇なくキャッシングを利用して光熱費の支払いに充てるべきなのです。

 

生活インフラが破綻すると、日常が崩壊してしまう

電気、ガス、水道といった生活インフラは日常生活の維持のために必要不可欠な存在です。仮にこれら生活インフラが断たれてしまうと、人間らしい生活が困難となり、生きていくのが難しくなります。冷暖房が途絶え、電気もテレビもない居室ではゆっくり休むことも出来ません。携

 

帯電話の充電も満足に行えなくなり、パソコン、インターネットも使えないと、友人との連絡も取れなくなるばかりか、場合によっては仕事に関する大切な連絡を逃してしまうこともあり得ます。日常生活が異常を来すと、仕事にも影響を及ぼします。

 

家でしっかりと休めていないため、満足に仕事で成果を出せなくなるのです。職場での評価が悪くなった結果、最悪の場合、退職にまで追い込まれかねないのです。そうなると最終的に行き着く先はホームレスです。

 

日常生活さえ維持されていれば、働いて稼ぎを得て、それを金利の支払いにあてられます。しかし日常生活が崩壊すれば、働くことすら困難になります。日常生活の維持に不可欠な光熱費の支払いを軽視すべきではありません。光熱費の支払いが出来ないようであれば、キャッシングをしてでもその支払いに充てるべきなのです。

 

フリーターでも、キャッシングの審査に通過できる

キャッシングの利用において不安になるのが職業に関してです。自身がフリーターだと、フリーターであることを理由に審査に落とされてしまうのではないかと不安になってしまうのです。

 

たしかに職業が大手企業の正社員や公務員である場合、審査で有利に働きます。しかしキャッシングの審査において重視されるのは定期収入があるということです。そこでフリーターでも正当に評価され、審査に通過できるのです。

 

フルタイムのフリーターは審査を通過しやすい

一人暮らしのフリーターであれば、フルタイムで働いている場合が多いものです。フルタイムで働いている場合には、一定の所得を獲得していることが期待されるため、その分、審査に通りやすくなるのです。

 

ここで注意が必要なのは、消費者金融では利用者の借入を年収の1/3に限定するという総量規制が敷かれていることです。たとえば年収が150万円のフリーターであれば、借入金は50万円までと限定されるため注意が必要です。

 

なお実際にフリーターがキャッシングに申し込んだ場合、認められる融資限度額は10万円~30万円程度となることが多くなっています。最初の利用であるため限度額が限定されているためで、利用に従って限度額が拡大されるようになります。

 

いずれにせよ、たとえ10万円の限度額であっても一人暮らしのフリーターが光熱費を支払うには十分の金額です。光熱費の支払いに困ったとき、頼りとなるのがキャッシングなのです。

 

フリーターにとって有り難い無利息サービス

消費者金融や銀行カードローンでは新規の利用者に対して無利息サービスを展開しています。これは定められた金額の利用に際して一定期間、無利息で融資を提供するというものです。

 

この無利息サービスを利用し、期間内に返済すれば実質タダで融資を受けられるため、光熱費の支払いに困ったフリーターにとって有用なサービスとなります。

 

レイクなら、5万円まで180日間無利息

新生銀行カードローンのレイクなら、5万円までなら180日間無利息で利用することができます。レイクに申し込み融資を受け半年で返済してしまえば、文字通り1円も利息を払う必要がないのです。光熱費の支払いなどで困ったとき、一時しのぎとしてレイクを利用できます。半年間の猶予があるため、その間に新しい仕事を見つけるなどして返済の原資を稼ぐことも可能となります。

 

無利息期間で完済できなくても、無利息期間分の利息は請求されない

この無利息サービスでは、無利息サービス期間内に返済できなくても、無利息期間分の利息が請求されることはありません。無利息期間分はそのまま無料で、期間終了時からの利息が改めて請求されるだけなのです。たとえば無利息期間が半年のレイクを1年間借り入れたとすると、半年分が無料なので残り半年分の利息が請求されるということになります。つまり無利息サービスを利用すれば、実質的な金利を低くすることが可能となるのです。

 

プロミス、アコムの「30日間無利息」もお勧め

レイクのような無利息サービスを展開しているのが消費者金融のプロミスとアコムです。プロミスとアコムでは「30日間無利息」となっており、レイクよりも期間が短いもののサービス内容はほぼ同様のものとなっています。光熱費の支払いなどで困った場合には、このような無利息サービスを利用すれば利息を支払うことなく融資を受け、支払いに充てることも可能です。金利を支払うことなく生活の維持が図られるため、利用しない手はないのです。

人気のカードローンBEST5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日