真面目に返済していることがポイントです

高額な住宅ローンは、毎月の返済が大変です。今月はどうしてもピンチ!という時に、キャッシングで窮地をしのぎたいものですよね。でも、住宅ローンがあると、審査に落とされないかと心配になりますよね。

 

住宅ローンを組んでいることで逆に審査に通りやすくなる

住宅ローンが組めるくらい収入がある・社会的信用が高い・家族もいる場合が多いので逃げられないなどと判断されて、キャッシングしやすくなると言われています。

 

しかし、返済状況がポイントとなります

持ち家や分譲マンションを持つことができるといった人物像は、審査の上で高く評価されますが、肝心の住宅ローンの返済が始まったばかりだったり、返済遅延や滞納が目立つようであれば、審査にかなり暗い影を落とすことになるでしょう。しかし、毎月きちんと返済をして、ボーナス時期には多めに返済するなどの返済履歴があれば、高評価となり審査に良い影響を与えます。

 

また、返済状況といえば、クレジットヒストリーが良好な方の場合も審査のうえで有利になります。クレジットカードの利用がゼロの人よりも、クレジットカードの利用がある人の方が有利ということなんです。毎月の支払で、返済遅延や滞納が一度もなく、コンスタントにクレジットカードの利用があった方が、真面目に返済している態度が高く評価されて審査に有利となるんです。逆に、公共料金やスマホの支払いをクレジットカードにしていて、しょっちゅう引き落としができなくて返済遅延が多すぎたりすると、審査に不利となりますので、気を付けましょう。

 

5年間は信用情報機関に登録される

キャッシング会社での借り入れや返済といった履歴は、5年間は登録され続けると言われています。そのため、キャッシングの返済を5年以上前に完済済という場合は、問題ないかと思われます。しかし、5年以内のキャッシング利用であれば、注意する必要があります。キャッシングの返済中であれば、審査に影響してしまいます。

 

キャッシング利用中での住宅ローン申し込みは?

キャッシング会社に借り入れがある状況で、住宅ローンを組もうとするのは、無謀とも言えます。高額なローンを貸し付ける側としては、返済能力の高さはかなりのウエイトを占めます。これから何十年もかけて住宅ローンを返済していこうとする人が、キャッシング会社で借り入れをしているとなると、審査に不利となります。住宅ローンを組もうと思ったら、キャッシング会社での借り入れを完済してからにしないと、何回申し込んでも住宅ローンの審査に落ちてしまうでしょう。

 

返済額も影響する

キャッシング申し込みの際に、住宅ローンを組んでいた方が有利になるとご案内しましたが、住宅ローンの毎月の返済額が大き過ぎると、審査に不利となる場合があります。明らかに、生活がカツカツになるような高額な毎月の返済額を抱えている方に、貸し付けをしても返済能力の面で難しいのではないかと、判断されてしまうからです。

 

毎月の家賃欄

キャッシング申し込み用紙に、毎月の家賃を記入する欄がありますが、住宅ローンを組んでいる方の場合は、毎月の返済額を記入します。その返済額が大きいと、キャッシングの審査でかなり不利になってしまうんです。

 

自動車ローンも注意

数百万円の新車を購入する際には、自動車ローンを組む場合が多いと思います。自動車ローンを組んで返済中の方がキャッシング申し込みを行うと、審査に通りずらいことが考えられます。自動車ローンの契約先や自動車の価格などによっても審査は変わってくるでしょうが、返済の力の面で不利になる場合が多いようです。

 

住宅ローンは総量規制対象外

高額のローンは、総量規制の対象がとなっています。キャッシング会社での借り入れは年収の3分の1までという総量規制が敷かれていますが、住宅ローンや自動車ローンは対象外なんです。他にも教育ローンなどのローンを組んでいる方もいることでしょう。複数のローンを組んでいる場合は、少しでも返済比率を下げるようにすることが大切です。返済比率は、25%以下に抑えておくと良いでしょう。無理をすると、生活に影響を及ぼして返済が難しくなってしまうでしょう。

人気のカードローンBEST5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日