仕事をしていない主婦の方がキャッシングをする場合の書類について

キャッシングを行う際の審査に関しては、基本的には男性と女性で行われ方が違うということはないですが、女性の場合は収入を得られていない、男性の場合は自営業を営んでいる場合が多いので、そういった観点から見れば違いは出てくるのかもしれません。ですが、同じ職業で比べた場合には男性と女性とでは差はないと見ていいかと思われます。

 

女性の方専用のキャッシングと通常のキャッシングに差はない

前述のような女性と男性とのキャッシングで異なる点を挙げるなら、女性には女性の方に向けられたローンがあるということです。女性の方に向けられたと聞くと、通常と比べて「金利が低い」、「何らかの特典がある」ということを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

 

それは誤解です。いくら女性の方に向けられたとはいっても、上記のようなことはなく、あえて違いを挙げるなら、会社の電話担当者がいつも女性であることぐらいです。とはいえ、キャッシング会社の電話担当者というのは、殆どが女性であるため、これに関しても違いとは言えないでしょう。ただ、女性の方向けということでお申し込みに関して抵抗が少なくなるといったメリットは挙げられるかもしれません。

 

主婦で働いていない方の審査は特殊である

男性もそうですが、特に女性は年齢を重なるごとに職についてない方が増えてきます。このような属性の女性が審査を受けるとなった場合、審査の行われ方が特殊となるようです。

 

働いていないとお申し込み書類の数が増える

働いている場合は、自身の身分を証明する書類があれば、キャッシングが行えます。しかし、働いていない主婦の場合は、その他に住民票と旦那さんが同意している必要があるのです。自分で稼いだお金ではなく、旦那さんの給料でキャッシングをすることになるため、当然ともみられますが、こういったことが収入のない主婦がキャッシングする場合の特徴となっています。

 

言うまでもありませんが、上記のことは働いていない女性の場合であって、普通に働いている女性であれば、そのような書類は必要ありませんので、誤解しないでください。要は男性でも女性でも自身で収入を得られているかどうかでそれが決まるのです。

 

自営、個人事業であっても書類の数が増える

女性は専業主婦、男性であれば、自営業や個人事業、会社を経営されている方がキャッシングするというケースも最近では増えてきています。女性でも全くこれらに当てはまらないわけではありませんが、現状は男性の方が多いです。

 

自営をされている方は収入を証明できる書類を用意しなければならない

自営をされている方もしくは個人事業をされている方は、審査の際、収入を証明する書類も用意しなければなりません。大抵の場合は、これに関してはキャッシング会社側から求められることはなく、求められたとしても、消費者金融で50万円を超えるキャッシングとなる場合、銀行で300万円を超えるキャッシングとなる場合に限られています。

 

一部の銀行、例えば三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行ではそれぞれバンクイック、みずほ銀行カードローンというものが取り扱われていますが、これらにおいては100万円、200万円となっていますが、大方の銀行は300万円です。このように、通常であれば不要とされている収入を証明する書類をキャッシング会社側で求めるのは、収入が安定していないためと言えるでしょう。そのため、審査は厳しく行わざるを得ないのです。

 

同じような職業で女性であることがマイナスとなるケースについて

仮に同じ正社員で勤めている年数に違いがなく、かつ給料までもが同じである場合、女性と男性との違いでマイナスになることがあるか?ということも思われるかもしれません。これに関してはないものと思って問題ありませんが、大手以外の消費者金融等においては、ごくまれにそのようなことがあるようです。

 

女性がマイナスとなる理由で考えられること

万が一、上記のような女性というだけでマイナスになることがあるとすれば、おそらく、女性は子どもを産んだり、結婚をしたりで現在の仕事から離れる可能性が考えられるからだと思われます。それに関しては男性にも同じことが言えるのですが、男性は女性とは違い、必要に迫られていつかは何らかの仕事はするものであり、長期間仕事をしないという状況にはなりにくいです。一方、女性の場合はそれをきっかけにずっと仕事に就かなくなることも考えられてしまいます。同じ条件でありながらも女性がマイナスとなる理由はまさにそこにあるのです。

 

有名な消費者金融や銀行では行なわれていない

今回お話ししている女性と男性とでの審査における違いですが、このような差別を行うのは不平等でありますので、有名な消費者金融や銀行では行われていないと考えていいかと思われます。ただ、それ以外の消費者金融では行われている可能性は否定できません。ですから、キャッシングのお申し込みをするなら、極力有名な会社で行った方がよいでしょう。そこであれば、自分が女性であることを気にせず、お申し込みができます。

人気のカードローンBEST5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日